口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

歯根嚢胞

歯根嚢胞や根尖病変とは?根尖部の透過像

虫歯が進行して歯の神経を侵し,根の先端部分(根尖部)にまで虫歯菌が達すると、根の外にまで病変が拡大していきます。また、根の周囲には顎骨および骨と歯をつなぐ靭帯(歯根膜)がありますが、虫歯菌感染により炎症が広がるとこれらの組織が破壊された結果溶けてなくなり、根尖病変が生じます。根尖病変は、右写真のように根の先の黒い影としてエックス線写真ではっきりとわかります。歯根嚢胞は根尖病変の一種です。

歯根嚢胞などの根尖病変の原因

歯根嚢胞その他の根尖病変の原因は、根の先に棲みついた虫歯菌です。根の中や外側に塊で棲息する虫歯菌に対して、からだの抵抗力(免疫力)が働いて炎症反応が起こり、その結果根尖病変ができてしまいます。また、糖尿病や腎透析などでからだの抵抗力が低下していると、虫歯菌が顎の周囲の組織に拡大したり血液中に入り込んで全身に拡がり、敗血症となって生命の危険が生じる事態となります。このような危機を避けるために、からだの抵抗力が虫歯菌を根尖周囲の狭い範囲に閉じ込めてくれているのです。

根尖病変の分類

根尖膿瘍

根尖病変部の虫歯菌が増殖した結果、その一部が壊れて膿となり溜まったものです。

歯根肉芽腫

根尖部の炎症が持続すると、肉芽組織という軟組織ができます。

歯根嚢胞

顎の骨の中で歯ができはじめると、歯を包み込む粘膜状のものが一時的に出現します。そして、歯根肉芽腫の中にこの粘膜の一部が紛れ込むと、風船のように丸く薄い皮のような病変ができます。これを歯根嚢胞といい、中には水のような炎症性の液体が溜まります。

歯根嚢胞の治療法

歯内療法

根尖病変の治療として最初に行うことは、細菌感染した神経(歯髄組織)を取り除き根管消毒薬を詰めることです。これらの治療の後、根管内が無菌化されたら根管充填を行います。そして、根尖病変が徐々に小さくなり、消えてなくなれば治療は成功したといえます。また、根管消毒の際には3Mix治療法を用いる場合もあります。

歯根端切除術

歯内療法を行っても治らない場合や、かぶせ物が外せなくて歯内療法ができない場合もあります。このような場合には根尖部付近の粘膜を切開し、その下の骨を削って根尖病変を開け、根尖病変を取り除く手術を行います。その際には、細菌の棲みかである根尖も削って取り除きます。

  >> 歯根端切除術の手術術式についてはこちらをクリック

  >> 歯根端切除術の症例写真についてはこちらをクリック

開窓療法

歯根嚢胞のサイズが大きく、かつ上顎洞、鼻腔、下顎管(神経が走行している)などに近い箇所である場合、嚢胞を摘出する際それらの周辺器官を傷つけてしまう可能性があります。このようなケースでは、嚢胞の一部のみを切り取って穴を開けておく(開窓)ことにより、嚢胞の周囲に徐々に新しい骨ができて嚢胞が縮小していきます。

ページの一番上へ