口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口腔扁平苔癬のガン化

口腔扁平苔癬はときに扁平上皮癌という口腔ガンに変化します。その確率は高くないものの、細心の注意を払って経過を見守る必要があることは間違いありません。癌化率についての35本の論文の報告をまとめた研究によると、16000余りの口腔扁平苔癬(含むOLL)を平均6年間追跡した結果、235例がガン化しました。ガン化率は約6%でした。

著者

症例数

悪性
転化

悪性
転化率
(%)

 平均追跡
  期間
  (年)

Shklar

1972

アメリカ

600

3

0.5

 

Fulling

1973

デンマーク

225

1

0.4

3.6

Kovesi and Banoczy

1973

ハンガリー

274

1

0.4

 

Silverman et al.

1985

アメリカ

570

7

1.20

5.6

Murti et al.

1986

インド

702

3

0.4

5.1

Holmstrup et al.

1988

デンマーク

611

9

1.50

7.5

Salem

1989

サウジアラア

72

4

5.6

3.2

Silverman et al. 

1991

アメリカ

214

5

2.3

7.5

Sigurgeirsson and Lindelof

1991

スウェーデン

2071

8

0.4

9.9

Voute et al.

1992

オランダ

113

3

2.7

7.8

Barnard et al.

1993

イギリス

241

8

3.3

 

Moncarz et al.

1993

イスラエル

280

6

2.10

1.5

Gorsky et al.

1996

イスラエル

157

2

1.30

4.8

Markopouloset al.

1997

ギリシャ

326

4

1.30

6.1

Silverman and Bahl

1997

アメリカ

95

3

3.20

5.7

Lo Muzio et al.

1998

イタリア

263

13

4.90

11

Rajentheran et al.

1999

イギリス

832

7

0..80

6

Chainani-Wu et al.

2001

アメリカ

229

4

1.70

4.5

Eisen

2002

アメリカ

723

6

0..80

 

Lanfranchi et al.

2003

アルゼンチン

719

32

4.50

4.9

Gandolfo et al.

2004

イタリア

402

9

2..20

6.8

Rodstrom ey al. 

2004

スウェーデン

1028

5

0..50

 

Xue et al.

2005

中国

674

4

0..60

4.3

Laeijendecker et al.

2005

オランダ

200

3

1.50

 

Bornstin et al.

2006

スイス

145

1

 

4.3

Ingafou et al.

2006

イギリス

690

13

1.90

8.5

van der Meij et al.

2007

オランダ

67
「OLP]

0

0

 
     

192
[OLL]

4

2..00

10..2

Carbone et al.

2009

イタリア

808

15

1.85

 

Pakfetrat et al.

2009

イラン

420

3

   

Bermeio-Fenoll et al.

2010

スペイン

550

8

0..90

 

Bombeccari et al.

2011

イタリア

327

8

2..40

 

Shen et al.

2012

中国

518

5

0..96

 

Tovaru et al.

2013

ルーマニア

633

6

0..95

 

Gumru et al.

2013

トルコ

370

1

0..27

 
             

合計

     

16584

 

235

 

59.0

 

平均値

       

1.74

 
             

K Shirasuna : Oral lichen planus: Malignant potential and diagnosis. Oral Science International, 11, 1-7, 2014.

ページの一番上へ