WEB予約

削らない、抜かない治療法

ゴールドをお勧めする理由

「金歯を入れるなんて年寄りくさい」と思っていませんか
  ゴールドは歯にできた穴を元に戻す最適の材料です
「金歯は銀歯より目立つ」という考えは思い込みです

虫歯で生じた穴の修復法は直接レジンを詰めて治す、あるいは型取りをしてインレー(詰め物)を作るのが通常ですが、虫歯が大きい場合や神経を抜いた場合は型取りをしてクラウン(かぶせ物)を入れます。その際、保険診療では安価な金銀パラジウム合金を用いてインレーやクラウンを作りますが、歯に詰めたりかぶせたりする金属としては保険適応外のゴールドの方が明らかに優れています。

ゴールドの延展性はあらゆる金属の中でトップレベルです。延展性とは力が加わった際に金属が適度に伸びて拡がる性質をいいます。他の金属が反対側の歯に当たると歯が傷ついたり磨り減ったりしますが、ゴールドなら心配無用です。金属と歯のすり減るスピードの差で段差ができることもなく、時間の経過とともに金属と歯の境界部分のセメントが減って隙間が空くリスクも軽減できます。

金属と歯の間の段差や隙間は、細菌の塊であるプラーク(歯垢)が溜まり虫歯が再発する要因となりますが、ゴールドは延展性がよいため反対側の歯を傷つけることなく自然に変形するため、段差や隙間ができにくいのです。従って、虫歯が再発しにくい環境を自然に作り上げることができます。

また、金銀パラジウム合金には腐食という深刻な問題があります。長期間口腔内に入ったままの金銀パラジウム合金は腐食して少しずつ溶けだし、歯や歯肉の変色や金属アレルギーの原因となります。一方、ゴールドは腐食しにくく、これらの問題が起こりにくいといえます。

ゴールドの利点をご理解いただけたでしょうか。それでも「金歯はキラキラ目立つから恥ずかしい」「銀歯の方が歯の色に近い」と考えられているかもしれませんが、実は違います。銀歯が口の中に入ると黒っぽくなって歯が汚く見えるため、金歯と銀歯のどちらが目立つとはいえないのです。むしろ金歯の方が口の中が明るくなって目立ちにくいと感じる人もいて、感覚や好みで評価が分かれるところです。一度金歯に対する先入観を捨て、ゴールドの持つ優れた特性に目を向けてみませんか。