WEB予約

予防歯科Q&A

予防歯科Q&A

ホワイトスポットをicon治療で治したい 。

歯を削らなくても治療ができて痛みもないため、大変効果的な治療法です。ラバーダムというゴムを歯に取り付け、唾液などの侵入を防ぎ、マイクロスコープ(顕微鏡)下で細部を確認しながらiconによる治療を行います。ただし、穴が開いているような通常の虫歯や生まれつきの歯の白濁は治療できません。

全顎的治療が必要だが、踏み出す勇気がありません。

歯が悪いため不自由である、また見た目が悪いなどの理由でお困りの方は少なくありません。歯科治療に対する恐怖感は多くの人に共通するものです。

治療が必要であると知りつつも経済的理由や多忙、歯科が近くにないなどの事情で受診できない人がいる一方、どんなに歯が悪くても特に不都合を感じず、治療する意思そのものがない人もいます。

今回のご相談では、治療を受ける気は十分にあるが治療が恐くて歯科へ足が向かないようですね。歯が痛くてたまらない状態が続けば、否応なく歯科にかかることになるはずですが、まだそこまでは追い込まれていないようですね。では、それでも治療を受けたいと望まれる理由は何でしょうか。好きな食べ物を食べたい、大きな口を開けて笑ってみたいなど、目的をしっかりと持って歯科を受診されてはいかがでしょうか。

虫歯はどうしてできるのですか?

口腔内の虫歯菌(ミュータンス菌)は、糖質からムチンなどの粘着質かつ水に溶けにくい多糖体を作ることにより、歯の表面に 貼り着きます。この歯垢の中でミュータンス菌は糖質を餌としてさらに増殖し、歯垢1mg中1億もの細菌数に達します。そして、歯垢の中ではミュータンス菌 から発生した乳酸などの酸が歯のエナメル質のカルシウム分を溶かすことにより歯に穴があき、虫歯ができるのです。

歯を抜いたままにしておくとどうなるの?

歯を抜いたまま放置すると、隣の歯が傾いてきたり、移動したり、グラグラしてきたり、噛む相手側の歯が伸びてきてしまった りします。また、物を噛む"力"は奥歯が1本なくなっただけでも全ての歯が生え揃っている場合の2割程度に減少してしまいます。さらに、食べづらくなるば かりか筋肉や顎の関節に障害をもたらす場合もあります。

タバコは歯にも害がありますか?

タバコのニコチンは、歯周組織の血管を収縮させることにより血液の供給量を減少させる他、歯周病の原因となる細菌に対する 抵抗力や治療した箇所の回復力を低下させてしまいます。その結果、気づかないまま歯周病が知らない間に進んでしまうことがあります(ニコチン性歯周炎)。 従って、歯周病の予防や治療を円滑に進めるためにも、喫煙者の方には禁煙することをお薦めします。また、歯の表面にこびりついたヤニは、歯磨きでは取り切 れないため綺麗にすることは困難であるといわれていますが、当クリニックの歯面清掃器〈プロフィーフレックス〉の使用により取り除くことが可能です。

痛くない虫歯を治したら痛くなった、どうして?

虫歯がゆっくり進行すると、その間全く痛みを感じない場合があります。そして、気づかないままに穴が開いたり以前に治した詰め物が外れてみて、はじめて虫歯ができていることを知るのです。また、歯科医院で虫歯が発見された場合は、その時点で治療を受けることになります。

虫歯の病巣が深いほど歯の神経に近くなるため、歯を削ったり詰め物や被せ物を入れる際の刺激が神経にダメージを与えやすく なります。そのため、痛みのなかった歯が治療した途端にしみて痛くなるという事態が起こるのですが、噛むときだけ響いて痛いという場合もあります。また歯 の神経は、一度ダメージを受けると回復に長い日数が必要となるためその間は痛みが続きますが、治療後1~2ヶ月が経過すると神経自体がその刺激に対応して 痛みがなくなっていきます。

そこで、治療後の歯の神経のダメージを防止する最も効果的な対策は、神経そのものを抜いてしまうことです。これで、歯がし みて痛むという事態は起こらなくなります。ただし、歯の神経を取ると痛みを感じなくなるため、虫歯が再発・進行しても気づかず発見が遅れがちになります。 また、歯周病に対する抵抗力も低下して進行が早くなります。このように、結果的に歯の寿命が短くなる可能性が高くなることから、可能であれば神経は取らず に治療することが望ましく、痛みが治まるまで一時的に我慢していただいた方が賢明なのです。また、痛みを緩和する方法は何通りかあり、症状に応じて対応す ることで痛みをコントロールすることができます。しかしながら、あまりにも痛みが強い場合はその時点で歯の神経を抜くことになります。

当クリニックでは、「できるだけ歯を削らない・神経を取らない・歯を抜かない」という治療思想に基づき、MI治療を行っています。

>> MI治療の詳細についてはこちらをクリック

このページの一番上へ戻る