WEB予約

早期診断法

プラークとポルフィリン

 
                検査方法
新しいプラークにはポルフィリンが少なく、古いプラークには多量のポルフィリンが含まれています。キューレイシステムは、プラーク中の古いプラークを的確に観察することができるため、ポルフィリンへの対応に適した検査法といえます。
新しいプラークに比べると古いプラークには多数の細菌が生息し、歯を溶かして虫歯を作る酸が多く産生されるため、古いプラークはとても危険な存在です。従って、新しいプラークと古いプラークを区別できることは大変重要で、キューレイシステムの大きな利点といえます。