WEB予約

早期診断法

隠れた虫歯を発見する最新機器

 キューレイ・カム
    キューレイ・カム
歯が黒くなって穴が開いた経験をお持ちの方は少なくないと思います。この穴は虫歯でできた穴です。実は虫歯で穴が開くのはかなり進行してきてからのことだとご存知でしたか。

虫歯は虫歯菌が産生する酸でカルシウムやリン酸といった歯の成分が溶け出すことから始まります。初期の虫歯ではこのように歯の内部構造が少し変化して歯がスカスカするだけで、穴が開くことはまだありません。虫歯が進行すると歯の表面直下の部分に穴が開きますが、表面構造は保たれたままなので、この時点では穴は見えません。さらに虫歯が進行すると穴が拡大し、表面に残った薄い歯質が崩壊して初めて表面に穴が見えるようになります。

キューレイ・ビュー 
    キューレイ・ビュー
このように虫歯で穴があくまでは幾つかの段階があり、穴が見えた時点では既に進行している状態なのです。もっと早い段階で虫歯ができていることに気付けば、被害は軽くて済むのですが、そう簡単にわかるものではありません。

初期の虫歯を見つけるためには歯の色合いの変化などを目ざとく見つける必要があるのですが、虫歯を見慣れた専門家でない限り容易なことではありません。このような初期の隠れた虫歯を、光を当てるだけで一目瞭然に誰でも簡単に見てわかるようにできる機械があります。それがQrayシステムです。

 キュー・スキャン
          キュー・スキャン
Qrayシステムは光を当てるだけで虫歯を見つけることができます。虫歯だけでなく、プラーク(歯垢)や歯石、歯に充填されているレジン、セラミック、歯の破折線などもくっきりと写し出すことができます。