口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

大腸実熱

大便の乾燥と便秘、肛門の灼熱感、腹痛が大腸実熱によって生じ、大柴胡湯で通便して熱を取ります。六病位では陽明病期に大腸実熱となり、悪寒せずに悪熱します。大承気湯や調胃承気湯を用います。

ページの一番上へ