口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

桂枝湯

桂枝、芍薬、甘草、大棗、生姜の五味で構成された風邪に対する基本方剤です。悪寒、悪風、発熱、頭痛といった症状を伴う風邪やインフルエンザの初期は太陽病期に当たります。風邪や寒邪が表から侵入しようとする表寒証の時期で汗をかいている場合に用います。桂枝、大棗、生姜が体を温め、風邪やインフルエンザのウイルスの活動を妨げます。

首や後頭部の凝りが強い場合は葛根を加えた桂枝加葛根湯を、汗が出ない場合は葛根湯を用います。桂枝に麻黄が加わると体表面を温め発汗させる力が強くなり、効き目が増します。この組み合わせが麻黄湯です。

ページの一番上へ