口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

大承気湯

調胃承気湯に含まれる甘草は大黄の働きを和らげ効きを調整する働きがあり、その分瀉下作用が弱くなります。調胃承気湯の甘草を除き、枳実・厚朴を加えたものが大承気湯です。甘草を除くことで瀉下作用が増強され、理気剤である枳実・厚朴が加わることで腹壁の緊張や膨満感を改善します。

ページの一番上へ