口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

 自我状態の構造分析

「親」「成人」「子ども」の3つの自我状態において、親と子どもはその中に2次的な構造を有しています。「親」の自我状態は親や教師を真似して形作られ、親的存在の中にある「親」「成人」「子ども」の自我状態がその人の親の自我状態の中にファイルされていきます。また、小さい頃に「子ども」の自我状態が形作られる際、子供の中の「親」「成人」「子ども」の自我状態がファイルされて大きくなっても存在し続けます。

「親」の中の「親」の自我状態は何世代にも渡って受け継がれてきた言い伝えで、「親」の中の「成人」の自我状態は親的な存在が正しいと考えてきたものです。また、「親」の中の「子ども」の自我状態は親的存在の中にある子どもらしい部分を指します。

一方、「子ども」の中の「親」の自我状態は子どもの頃に親を見習って身に着けた処世訓であり、「魔法の親」と呼ばれます。また、「子ども」の中の「成人」の自我状態は子どもの頃に問題解決する適切な対処法で、「小さな教授」とも呼ばれ、「子ども」中の「子ども」の自我状態は子どもの頃の身体的な感覚で「身体的な子ども」と呼ばれます。

ページの一番上へ