口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

 四つの受動的行動

その人が頭の中で思い浮かべている「値引き」は傍から見てわかるものではありませんが、受動的行動として現れるとわかるようになります。

1. 何もしないこと
問題解決のためにできる能力を値引きして、何もしないようにしていることです。

2. 過剰適応
自分自身の考えに基づいて行動するという自分の能力を値引きして、他人が望んでいると勝手に解釈した代替案に従ってしまうことです。

3. イライラ
自分や他人の問題解決能力を値引きし、イライラを表現する行動に向けていることです。

4. 無能または暴力
問題解決のためにできる能力を値引きした結果、何も行動を起こさず、暴力による破壊に向かうことです。

ページの一番上へ