口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

 ストローク経済

ストローク経済とはクロード・スタイナーがストロークの性質について提唱した概念で、親が子に与えるストロークの価値を高めるために、親が子に対してストロークを制限するという考えです。

  1. 与えるストロークを持っていても、ストロークを与えるな。
  2. ストロークが必要な時に、ストロークを求めるな。
  3. もしそのストロークが欲しければ、それを受け入れるな。
  4. 欲しくないストロークを拒否するな。
  5. 自分自身にストロークを与えるな。

親から与えられたこのような考えにより、私たちは大人になってもストロークに飢え、ストロークを探すために膨大なエネルギーを消費します。「成人」の自我状態にあるとき、ストロークを求めれば自由にそれを受け取ることができる、望む時はいつでもストロークを与えることができる、どんなにたくさん与えてもストロークがなくなることはない、と考えることが必要です。

ページの一番上へ