口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

親知らずが痛くなったらどうしたらいいの?

下記のいずれの場合でも、口腔外科を受診してください。

智歯周囲炎の痛み

症状がひどくなると、歯の周りだけでなくのどや顎の関節の周囲にも炎症が広がり、口を開けることさえ難しくなります。程度にもよりますが、この場合はまずレントゲンで親知らずの位置を確認したうえで、患部の消毒を行います。また、初診当日は炎症があるため具体的な処置は行わず、細菌の繁殖を抑える抗生物質や炎症を抑える消炎剤、強い痛みがあれば鎮痛剤、その他患部を清潔に保つためのうがい薬などが処方されます。そして体調を整え、炎症がある程度おさまってから抜歯を行います。

萌出時の疼痛

親知らずが正しい位置に生えてこようとしているときには、生えるまでの間は痛み止めなどを服用しながら待つことになるでしょう。ただし、生えてくるのが難しそう、あるいは前方の歯に影響を及ぼしている場合は抜歯することになるでしょう。いずれも、痛みの程度や前方の歯への影響を考慮した判断を行う必要があります。

親知らずに限らない痛み

親知らずの虫歯の痛みに対しては、通常の処置を行います。ただし、生えている位置によっては治療が大変困難なケースがあり、その場合には抜歯を勧められる可能性があるため、ご自身の希望をしっかりと医師に伝えることが肝心です。

ページの一番上へ