口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

親知らずはどうして痛くなるの?

親知らずの最も特徴的な痛みは、周りの歯茎が腫れることによって起こる前述の智歯周囲炎です。また、他に次のものがあります。

萌出時の疼痛腫脹

親知らずが生えてこようとするとき、出てこようとする力が歯茎や隣りの歯を押すために生じる痛みのことです。この場合、生えるスペースがあれば断続的な痛みがしばらく続いた後、歯茎が膨らんで親知らずが出てきます。ところが、スペースがない場合には押される力が強くなるため、痛みが生じるのです。従って、奥歯の後方が強く痛むときには歯科医院でレントゲンを撮り、その痛みが親知らずによるものなのか、また生えてくることが可能な状況かどうかを医師に確認してもらいましょう。

虫歯

親知らずに限らない痛み

親知らずは、お口の中の一番奥にあるため歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすい傾向にあります。その場合は他の歯と同様、虫歯が痛みます。

親知らずはどんなときに痛くなるの?

智歯周囲炎の症状は、歯周病と同じように静かに進行していきます。そのため、軽い症状が起こっていても体調の良いときには自覚症状がほとんどなく、堅いものをかむと痛いという程度です。ところが、ある日突然に炎症が進み、歯茎や頬が腫れてきたり、ズキズキと歯周病痛んだり、また口を開けにくくなったりという自覚症状があらわれることがあるのです。それは、忙しくて疲労やストレスがたまっていたり、乳幼児がいるため睡眠が十分にとれていなかったりする場合です。つまり、栄養や睡眠の不足、過労、あるいはカゼによる体調不良などから症状が悪化するのです。そんなときは、早めの受診をお勧めします。

ページの一番上へ