口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

親知らずは必ず抜かないといけないの?

歯肉の感染
第二大臼歯遠心面がう蝕になる

親知らずは、抜いた方がよい場合と残せる場合とがあり、親知らずが歯としての働きを果たしているかどうかで、それを判断します。

まず、抜く場合は親知らずが傾いて前方の歯に食い込んでいる、あるいは生えきれずに途中で止まっているケースなどです。親知らずが埋まっていると、歯周病と同様に歯と歯茎の境目が深くなるため、歯茎が赤く腫れて痛む場合があります(智歯周囲炎)。また、手前の歯との間に段差があると十分な歯磨きができず、歯垢がたまって虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

しかしながら、親知らずの最も怖い点は汚れが歯の周りの歯肉にたまって起こる炎症(歯冠周囲炎)が悪化し、顎骨の炎症にまで広がっていくことです。また、親知らずの周りに膿瘍(膿のこと)が形成され、骨が破壊されていく場合もあります。こうなると原因である親知らずをすぐに抜くことはできず、点滴や抗生物質の投与によって消炎を行ってからの抜歯となります。特に、上顎は直接頭蓋骨とつながっているため、脳にまで痛みが響いて大変つらいため注意が必要です。

第二大臼歯の歯根が吸収する

抜く条件

  1. 上下の歯がかみ合っていない
  2. 虫歯が大きすぎる
  3. 炎症を繰り返している
  4. 頬をかんでしまう
  5. 手前の歯に虫歯や歯周病ができた
  6. 痛みがひどい
  7. 矯正治療の邪魔になる

抜かないでよい場合

一方、手前の歯と同様に正しく生えている、あるいは骨の中に完全に埋まっている場合は抜かずに残すことができます。その場合、前方の歯を失ったときに親知らずを利用してブリッジができる、バネをかけることができるため入れ歯を安定できる、また歯の移植(自家歯牙移植)に利用できるというメリットもあります。

ページの一番上へ