口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

心療歯科 患者様の声 5

吹田市 熱田様 65歳

まずもって有難うございました。

メールアドレスなどを登録すると治療の前日にお知らせメールが届くのも便利で良かったです。

55歳の時、ある日突然、右手腕激痛、火の棒のようになり、寝たっきり、何にもできない状態,飛んで某有名整形外科に往診、痛み止めを大量に投与、まつたく効かない。

頸椎ヘルニアと診断結果、12日間悶えくるしむ状態、13日目突然、激痛が嘘みたいになくなる、がしかし又激痛が襲ってきたら困るなーと思ってみたり、頸椎ヘルニアは首の牽引しか直す方法しかないと言われ、最悪首の手術と言われ、首の手術かと心配してると、同時に強烈に胃がおかしくなり、近所の胃腸科に早速に往診、色々処置をするが良くならない、結果、精神科に行ってくださいといわれ、大阪市内の某有名病院精神神経科に診療、結果,鬱病と診断、投薬、胃の状態がおさまる。

がしかし3月後通院診察にいったら、突然ぶっ倒れる、緊急入院、診察結果、十二指腸潰瘍と判明10日間入院。無事退院。それから精神科と消化器内科を通院、1年後胃の方は無事卒業、鬱病のほうは3年間ぼーとした状態がつずく、精神障害3級認定。当然全然仕事せず、幸い自営業。その後、担当医転勤、新しい先生になり、それから2年後有名な胃の抗鬱剤の投与を止めると、さあ大変口の中で舌があばれだし発狂寸前、、新しい担当医はなんにも出来ない、考えた挙句、かかりつけの近所の阪大歯学部卒の歯科医に診察何もできない、阪大歯学部の教授を紹介してもらう即マウスピース作成。それだけしか出来ない、抗鬱薬の副作用と判明。阪大精神科にセカンドオピニオン、治りりません、と一言、。。。それから5年間、精神科3件、精神内科,心療内科、と苦労する、そこでやっと樋口先生の登場、娘がネットで見つける、電話いとも簡単に来院してくださいと快諾、びつくりしました、地獄に仏とはこのことかと、私も5年前副作用発症した時は必死で検索しましたが当時はありませんでした。まして抗うつ薬の副作用を歯科医で処方してもらえるなんて夢にも思いませんでした、私にしてみれば現在も阪大歯学部に半年に1回通院してますので。樋口先生はすごい勉強家か負けず嫌いかと思います。心療歯科は他ではまずありません。阪大歯学部にも又先生の優しさにもまいりました、私の体の調子が良く無いので、吹田から茨木まで行くのもつらいので、現在先生の処方してくださいました副作用を抑える薬の分量で近所の診療内科で通院してます。

なにか病変があればいつでもどうぞと言って下さいました。本当に有難うございました。

ページの一番上へ