携帯用QRコード

トップページ > 患者様の声  > 患者様の声10

患者様の声10

PATIENT'S VOICE

茨木 女性

6月右下知歯抜歯の後、機嫌の悪くなった歯槽骨もどうやらほどほどに治まったかとほっとし、味を確かめながら恐る恐る両方の歯で食事をし、次には就寝時のマウスガードをはずしてみようと様子をみておりました。案の定?今度は左頬内側と左口唇にWの口内炎ができてしまい、溜息。日にち薬で治ったようなので、ようやくここにきて<お蔭さまでメール>を発信できる運びとなりました。

治っては繰り返す口内炎・舌炎に悩み続けておりましたが、インターネットを便りに、貴院口腔外科を訪ねました。リーフレットにあるとおり、従来の歯医者さんとはまるで違う設備環境に今どきこうでなくっちゃと納得しながら、まな板の上の鯉になっています。

  • カルテ片手に正面からの問診や治療説明は耳の悪い者にとっては安心感がずいぶん違います
  • 「歯磨き指導」や「スケーリング」時の歯科衛生士さんの<構え>には歯をきれいに!!の意気込みがしっかり伝わってきます。
  • 受付の方がこちらの都合を把握しながら、受診時間を提案くださり、待ち時間のロスがないのは有り難いです。
  • 診察室#4にもシャガールの額をかけていただきたいです。
  • マウスガードの気になる汚れにも先生自らご対応いただき、お蔭さまで使用感まで違ってきたようです。

以上、遅ればせながらの感想です。

ますます充実の度合いを増す貴クリニックや口腔外科総合研究所のHPを訪ね、さまざまな症例の解説やQ&Aを参考に、自分自身の口腔環境の意識づけに役立てています。とにもかくにもそろそろ近づいてきた定期健診まで、爽快とはいかないまでも「一生もののマウスガード」の助けを借りて、コンディションを整えてまいりたく思います。

茨木市 40代 女性

私は、以前に診ていただいていた歯科医院での診断に納得することができず、どうしようもなく不安な気持ちを抱えたまま、ひぐち歯科クリニックを受診させて頂きました。

幼い頃から色々な歯科で治療をしてまいりましたが、(やっぱり苦手で・・)恥ずかしながら恐さと緊張はいくつになっても同じでした。でも、樋口先生は私の言うことをしっかり聞いてくださり、いくつかの治療の選択肢を丁寧に話して下さいました。先生の穏やかな人柄と丁寧さに『来てよかった!』と心から思いました。

治療を続けている最中も不安なことがあれば、すぐ伺うことができます。それが安心に変わっていきます。以前の経験から苦手だった麻酔も、『大丈夫だからね。』と、様子をみながら気持ちを落ち着かせてくれるようにすすめていただけました。樋口先生に治療していただいてなかったら、この綺麗に治していただいた歯は今頃きっと無くなっていたのです。おかげさまで、ご飯が美味しいです。

歯のクリーニングも大切であることが理解できました。自分の歯磨きなどでは落としきれない汚れを歯科衛生士の方々が、きれいにケアして下さいました。すごくリラックスして受けさせていただくことができました。それに院内はいつもきれいで明るく清潔です。やはり、それで自然と心地よく治療が受けられるという事なのですね。

ひぐち歯科クリニックでは、樋口先生ご自身が治療をして下さいます。他の歯科医院では毎回違う先生が治療される事もあります。そんな時は、大丈夫かなと不安な気持ちばかりが大きくなりました。ですから、患者である前に人として、本当に自分が信頼できるお医者様に診ていただけるのが一番嬉しい事だと実感しました。

家で私が色々と話すので、親知らずが度々痛んでいた主人も早速、樋口先生に診ていただきました。今まで他の歯科医院から、難しいので大学病院で抜歯するように勧められていた親知らずを、その日に抜歯していただきました。主人は『すごい先生や〜。』と帰ってきてホッとした顔で言いました。

すばらしい技術と知識を兼ね備えておられるお医者様が近くにいてくださるということは患者にとって本当に心強いものです。息子も検診に治療にクリーニングにと、今では家族でお世話になっています。

樋口先生をはじめスタッフの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。いつもありがとうございます。どうぞ、これからも家族ともども宜しくお願いいたします。ご多忙な毎日と存じますが、どうぞお体にはお気をつけてくださいませ。

海外在住 40代 主婦

海外に長期滞在する場合、歯はきちっと治療しておいたほうがいい・・・・。といった事が言われていますが、ここイギリスでももちろん保険でのカバーはされないためすべて実費。ちなみにかぶせていたクラウンが取れたので、それをつけてもらっただけで日本円にして15000〜16000円かかりました。(翌日にはまた取れましたけど・・・・詐欺?・・・。)

国営医療(治療費ただです)の歯科だと“ただほど怖いものはない・・・・・”といったうわさばかり耳にするため私の中では論外で、結局何かあればプライベート診療をうけています。ですが・・・そうそう通っていられないのが現状で、なるべく日本に帰国した際に治療するようにしていました。でもそれすらも、ここ数年出産や育児やらで後回し・・・。で、その付けが来たか、昨年夏に右上奥歯のかぶせ物と歯との隙間が虫歯になっていることに気づき歯科に行ったところ、“残念ながら中の方まで虫歯が進行しているので抜くしかないです”と宣告されてしまいました。

老眼鏡より先に入れ歯にお世話になるなんて・・・とかなりショックを受けていたのですが、もしかすると日本にはまだまだどうにかしてくれる歯医者さんがいるのではと、かすかな期待を抱いてインターネットで歯科医検索開始。それがひぐち歯科クリニックとの出会いです。メールで相談をさせてもらった後予約を取り、日本帰国時にすぐさま受診。海外にいながらこういった過程を取れたのはすごく便利に思います。そして、最初のコンサルテーションで先生に“抜かなくても大丈夫でしょ・・・・”と言われた時は本当に救われた気持ちでした。限られた期間内ではありましたが、虫歯の治療および歯茎の切除(これが結構痛かったけど・・・・・)とそして、帰英間際に入れ歯・・・ではなく新しいクラウンが入り治療完了!それ以外にも歯槽膿漏の治療や予防もしてもらい、来年帰国時までこの状態を維持させねばと、意識改革致しました。

10代のころから歯医者通い(予防や検診のためでなく治療です)が始まりこれまでいろいろな歯医者にはかかって来ました。今思えば本当に必要だったのかなといった治療をされた歯も数々あり、あのころにもし樋口先生のような方に見てもらえていれば私の口の中はこんな事にはなっていなかったのでは・・・と自分の口腔ケアの手抜きは棚にあげ、今更ながら後悔しております。最後になりましたが、樋口先生をはじめスタッフの皆さん大変お世話になり有難うございました。せっかく今回治療してもらった歯を、大事にできればと思っております。

↑このページのトップへ戻る

<< トップページへ戻る