口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口腔外科手術

口腔外科の手術はその名の通り主に口腔内の粘膜や顎骨、歯に対する手術です。そのため、口腔内を切開し、病変を除去したり、形態を修正したりして、最後は縫合するというのが一般的です。とはいえ、顎関節や顎骨、唾液腺、上顎洞などの手術の場合は皮膚を切開したり、口腔外の副鼻腔を触ったりします。上顎の骨折の場合は顔面全体を手術することもあります。口腔や咽頭、上顎洞、顔面皮下のガンの場合は、のどや首、肩、顔面、鼻、副鼻腔、眼球、頭蓋底などと、ガンの進展範囲に応じて手術の範囲を拡大します。

手術の範囲が大きい場合、所要時間が長い場合などは全身麻酔下での手術となり、入院が必要です。逆に範囲が狭く短時間ですむものなどは外来で局所麻酔下で手術となります。小児や恐怖感の強い方で意識下での手術が困難な場合には、全身麻酔下での手術が選択されることがあります。

MENU

口腔外科手術

ページの一番上へ