口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

舌咽神経痛

Q6. あくびで大きな口を開けたり食べ物を飲み込むとき、のどの奥やアゴのあたりが強烈に痛みます。

A. 「舌咽神経痛」の疑いがあります。舌咽神経痛は、舌の後方や咽頭部の神経に生じる発作性の神経痛で、痛みの性質や強度は基本的に三叉神経痛と同じです。口を大きく開けると痛むことから顎関節症と間違われやすく、注意を要する病気です。

 

ページの一番上へ