口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

歯の再植

意図的再植とは

顔面を強く打ったときに歯が抜けてしまうことがあります。そのような場合でも抜けた歯をすぐに元の位置に戻せば歯は元通りにくっついて再び使用することができます。歯が抜けたときに歯の神経も切れてしまいますが、うまくすれば神経も切断端同士がつながって再生します。外傷によりいったん抜けた歯を元に戻すことを「歯の再植」といいます。

歯の治療の必要上、歯をわざと抜いてまた元に戻す治療法を「意図的再植」といいます。いったん歯を抜くとはおかしく思えるでしょうが、他の治療法ではうまくいかない場合に選択されることがあります。

意図的再植の適応症

意図的再植を行うのは次のような場合です。

歯根破折

歯の根がひび割れてしまうと噛む力に耐えられず、痛んだり歯肉が腫れたりします。歯根破折が生じれば通常抜歯することになりますが、どうしても保存する必要がある場合には意図的再植術を行う場合があります。歯を抜いて割れ目を接着剤(スーパーボンド)で補修し元の位置に戻します。

根管穿孔の補修、破折したファイルやリーマーの除去

歯の神経(歯髄)の部分にまで虫歯が進むと神経を抜く治療を行います(歯内療法)。歯内療法を適切に施すことができれば痛みや歯肉の腫れといった症状は治まり、虫歯でできた穴を詰めたりかぶせ物(クラウン)をかぶせることで噛めるようになります。

しかしながら、歯の神経はとても細く、神経の走行は3次元的に複雑で、直接目で見ることができないため、歯内療法は技術的にとても難しい治療です。そのため、神経を抜く際に歯の根の側面に穴を開けてしまう(根管穿孔)ことや神経を抜く道具(ファイル、リーマー)が折れて取れなくなることがあります。このような場合に意図的再植を行って尖後部を補修したり、破折した器具を取り除くことがあります。

閉塞した根管に対する歯内療法

虫歯菌の刺激に対する反応で歯の神経は細くなり、根管(神経が走行している歯の根の中の管)も細くなります。このため、神経を抜く道具(ファイル、リーマー)が根管に入らず、虫歯菌に侵された神経を抜いたり根管の壁面を削ったりすることができないことがあります。このような場合に意図的再植を行なう場合があります。

手術の方法は次の通りです。歯を傷つけないように慎重に抜去し、根尖部分を削り取ります(歯根端切除)。ドリルで狭窄した根管を拡大した後に十分に洗浄し、根管充填剤で封鎖(逆根管充填)します。最後に歯を元の位置に戻します。

根尖病変

虫歯菌が繁殖し歯の根の先(根尖部)の顎の骨(歯槽骨)が溶けて病巣(根尖病変)ができることがあります。根尖病変部で膿がたまるとその付近の粘膜が腫れて膿が出てきます(フィステル)。また、根尖部で急性炎症が生じると夜も寝られないほどの激痛が生じることもあります。歯内療法を行えば症状が改善し根尖病変は縮小する場合が多いのですが、繰り返し歯内療法を行っても改善しない場合もあります。そのような場合に意図的再植を行い、根尖病変の掻爬と歯根端切除、逆根管充填を併せて行います。

再植の他に、歯肉を切開して根尖部を切除・掻爬する歯根端切除術もあります。歯根端切除術は前歯部では容易に行えますが臼歯部では難しいため、臼歯部では意図的再植を行うことが多くなります。

挺出

虫歯が進行し歯肉よりも深いまで歯質が崩壊してしまうと、虫歯を削ってそのまま詰めたりかぶせたりすると問題が生じることがあります。歯を支える骨(歯槽骨)と詰め物やかぶせものとの間に一定の距離(生物学的幅径)がないと、歯肉が炎症を起こし治りません。この問題を解決する方法のひとつとして意図的再植を行います。

手術の方法は歯を折らないように慎重に抜去し、180度回転させて元の位置より浮き上がった(挺出した)位置に戻します。再植による挺出法を「外科的挺出」といい、他に「矯正的挺出」「自然挺出」があります。

根分岐部病変

臼歯の歯根は2〜4本に枝分かれしている場合が多いです。枝分かれの股の部分を根分岐部といいますが、歯周病が進行して歯槽骨が溶けるととても治りにくくなります。この部分に歯垢(プラーク)や歯石が付着すると歯ブラシや歯間ブラシで手入れすることが難しく、炎症が持続しやすいからです。その場合、歯科医院で専用の器具を使って分岐部の歯根面の汚れを除去し、根面を滑らかにします(ルートプレーニング)。

歯周病にかかった歯の中でも根分岐部病変のある歯は治りにくいものです。先ほど磨きにくいといいましたが、ルートプレーニングもまた難しいからです。根分岐部が狭くなっていたり表面に複雑な凹凸があると専用の器具を使っても汚れが取りきれないことがしばしばです。この場合歯肉をめくって(歯肉剥離)分岐部を直接見えるようにし、ルートプレーニングする歯周外科手術(FOP)を行います。歯周外科手術でも器具が入りにくい場合に意図的再植により分岐部をルートプレーニングするのも一方です。

歯の移動

歯が傾斜したり歯列の外に飛び出していたりして歯並びが悪い場合は矯正治療で歯を正しい向きや位置に治します。時間がないなどの理由で矯正治療を行えない場合、歯を抜いて歯槽骨の形を修正し向きや位置を変えて再植する場合があります。

意図的再植の方法

意図的再植を成功させるためには歯を傷つけずに慎重に抜く必要があります。

   >> 意図的再植術の手術術式についてはこちらをクリック

   >> 意図的再植術の症例写真についてはこちらをクリック

ページの一番上へ