口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

顎関節症Ⅲ型 クリッキング

クリッキング時の顎関節の構造と動き

上図は、左側顎関節の開口運動を0から3の順に模式化したものです。関節円板が前方にずれているため(転位)、下顎頭の前方移動を妨げています。そのため、下顎頭は滑らかに関節円板の下面を滑ることができず、不規則な前方運動を行うことになり、「カクッ」という音が鳴りながら口が開くのです。このような状態を「クリッキング」といい、しばしば痛みを伴います。
クリックの雑音は多くの人が経験しており、痛みやロックのような症状がなければ特に治療の必要はありません。ただし、クリッキングを面白がってわざと繰り返し発生させる行為は、症状を悪化させる可能性があるため控えるべきでしょう。

ページの一番上へ