口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

骨粗鬆症の薬で生じる顎骨壊死

骨粗鬆症

日本人の1割に当たる1280万人が骨粗鬆症に罹患し、そのうち2割程度しか治療を受けていないのが現状です。骨粗鬆症は閉経後の女性に生じやすく、治療を受けずに放置すると背骨(脊椎)に多発骨折が生じます。骨折してもあまり痛まないため知らぬ間に背中が曲がり、肺が圧迫されて膨らみにくくなることから、呼吸器系の病気にかかりやすくなるのです。

また、軽く転倒しただけで股関節を骨折(大腿骨頸部骨折)し、年間15万人が寝たきりになっています。認知症や肺炎が継発しやすくなるなど、骨粗鬆症は健康寿命を縮める大きなリスクといえます。

顎骨壊死

ページの一番上へ