口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口腔顔面痛 患者様の声14

神戸市 40代 女性

もともと歯が弱く定期的に歯医者通いをしておりましたが、ある日、左右2本の奥歯が同時に痛みだし、歯医者に行き噛み合わせを調整したり、レントゲン、CT等の検査をするも痛みは治まらず、結局虫歯ということで2本とも抜歯することになりました。半年の治療を終え痛みも治まりほっとしていたところ、3ケ月後の歯のクリーニング直後にまた同じ箇所で鈍痛が続くようになってしまいました。

しかも今度は歯の痛む箇所がその日によって違うということが起こり、担当の医師に訴えるも原因不明で痛みが治まらないなら抜歯しかないと繰り返すのみでしたので、信用できなくなり、ほかの歯医者3~5箇所で診察を受けましたが、皆「原因不明」。医師の勧めで、耳鼻咽喉科、ペインクリニック、会社を休んで大学病院と痛みから逃れたい一心で可能性のあるところはすべて行きましたが結果は同じでした。

精神的にも身体的にも疲弊しきった私を見かねた主人が、歯科医師が相談を受けるサイトに私の症状を相談。すると一人の医師から「非定型歯痛」または「顔面口腔痛」ではないかと回答があったとのこと。早速、ネットでその聞いたこともない病名を検索し、「ひぐち歯科」にたどり着きました。急な診察のお願いをしましたが、快く受けてくださり先生に「顔面口腔痛」です。薬で治ります。とおっしゃって頂いたときは、本当に嬉しかったです。あれだけいろんな医師に「原因不明」と言われた痛みは薬を飲んで数日で徐々に引いていきました。歯はどこも悪くなかったのに、脳が誤作動を起こし痛みを感じていたと知り、もっと早くにこちらに伺っていれば抜歯せずに済んだかもしれないということが悔やまれます。

心理的な性格分析や、数か月薬を飲み続けることで体調の変化がないか血液を採って調べて頂いたり、ほかの医院ではしていないことをされておられるのも特長のひとつではないかと思います。もし私のような原因不明の痛みで悩まれている方がおられましたら、抜歯する前に、ぜひ一度こちらで診察を受けられることをおすすめします。また定期検診に伺いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

ページの一番上へ