口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

歯の移植 患者様の声7

大阪府 40代 女性

「樋口先生はゴットハンドです!」

皆様!少々おおげさかも知れませんが、樋口先生は私の歯の救世主です。思えば、苦節何年になるでしょうか・・・。私は左下の奥歯の歯茎の痛みに長年悩まされ、歯医者にも受診し、歯磨きもせっせとそれなりには頑張っておりました。しかしながら、しばらくして疲れがたまったりするとやはりまた歯茎が痛み、その度に歯医者に行って処置をしてもらうものの一向に完治には至らず、何年もそのような事が続いておりました。

そしてそのような日々の中、とうとうその歯茎の上の歯がぐらついてきたのです。「もうこれは今までの歯医者さんではダメだ」と思った私は、それから真剣にインターネットで歯医者探しを始め、私の歯を根本的に治してくれそうな、これはと思う歯医者さんを見つけては大阪、京都なども含め5軒行きました。ですがどの先生も「この歯はもうダメです。歯茎の下の骨が溶けてありません。治療するなら抜歯してブリッジか部分入れ歯にしましょう」と言われました。普通なら、先生からそのような説明を受けると選択肢がそれしかないものと納得してどちらかを選ぶと思うのですが、私はそのどちらもどうしても出来るなら選びたくありませんでした。

またその頃、インターネットで「親知らずの移植」なるものがあるというのを知った私は、右下奥に1本親知らずが生えて残っていたので、抜歯後、ブリッジや入れ歯にせずなんとかこの歯を移植できないものかとも思い尋ねましたが、その移植の事も、どの先生に言っても「う〜ん、難しいですね。定着しにくいですし・・・。」という感じの返答で、結局必死に5軒も廻ったものの全く進展なく、もう潔く諦めて抜歯してブリッジか部分入れ歯にするしかないのか・・・と途方に暮れておりました。

しかし、やはり移植への諦め切れない気持ちと、仕方なくブリッジや入れ歯にするにせよ、この先どの先生に治療してもらおうか・・・と再びまたネットを調べ、6軒目にしてここ、「ひぐち歯科クリニック」をやっと見つける事が出来ました。一縷の望みをかけて先生に今までの経緯をお伝えすると「この歯は抜くしかありません。でも、ここに親知らずの移植は出来ます。大事にすれば一生自分の歯として使えます」と、にこやかに答えて下さいました。正直、半ば諦めていた私は、思わぬ先生の言葉に飛び上がるような嬉しい気持ちになり、早速予約を取り意気揚々と自宅へ帰った時の事は今でも忘れません。そして歯医者探しを始めてから足掛け約2ケ月・・・やっと出会えた樋口先生に移植をして頂きました。移植後の歯は全く問題なくきちんと鎮座してくれていますし、違和感なくしっかりと噛み、食べる事が出来、何よりも「自分の歯」であるというのは本当に嬉しい限りです。こんな事が出来る先生はまさにゴットハンド(神の手)であると思います。私が5軒廻ったどの先生も出来ないと言った事を先生はやって下さり、私を助けて下さいました。今回、移植の他にも悪い所は全て治して頂き、私のわがままなお願いにもイヤな顔一つせず治療してくださいました。先生は素晴らしいです!諦めなくて良かった・・・!本当に大感謝感謝・・涙涙です。深く御礼申し上げます。他のスタッフの皆様もとても親切丁寧で、設備も良く、文句なしに大変良いクリニックだと思います。治して頂いた歯を心して大切にして参りたいと思います。先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!!

ページの一番上へ