口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

側頭動脈炎

口を開けたり閉めたりする際にこめかみの部分が痛む場合は、顎関節症以外に側頭動脈炎の可能性を考える必要があります。

側頭動脈炎は全身の血管に炎症が生じる自己免疫疾患ですが、特にこめかみの部分を走る浅側頭動脈に症状が出るケースが多いために、この病名が付けられています。全体の半数の割合で眼動脈が冒され、視力障害が生じて失明するケースもあります。

白人に多く見られる一方、日本人には稀な病気で、60歳以上の高齢者に発症しやすいことが特徴です。治療方法はステロイド剤の内服が中心となります。

ページの一番上へ