口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口腔顔面痛 治療実績

男女比集計期間 2005年8月~2013年10月

343名の口腔顔面痛の方が来院されました。なお、この数字は口腔顔面痛を主訴(最も気になる症状)として来院された方のみを集計したものであり、虫歯など他の問題に付随した形で口腔顔面痛の症状を持つ方は加えていません。

男女比

男性51名・女性291名で、女性が多数を占めていました。

年齢別の人数

15歳から80歳までの患者様を10歳ごとに区分すると、30代(50名)が最も多くなりました。 

    年代 人数
    10代 5
    20代 55
    30代 110
    40代 74
    50代 57
    60代 31
    70代 11

年代別の人数

随伴症状

筋膜痛・口腔顔面痛の随伴症状としては食いしばりが最多となり、その他TCH(上下の歯列を無意識に歯列を接触させている癖)、肩こり、歯ぎしり、WSD(くさび状欠損)、関節雑音、Hys(知覚過敏)なども多数見られました。

  •     随伴症状 人数   随伴症状
        食いしばり 217
        TCH 89
        肩こり 185
        歯ぎしり 119
        WSD 74
        クレピタス 51
        Hys 65
        ドライマウス 28
        扁平苔癬 1
        味覚障害 5
        舌痛症 21
        麻痺 12

病悩期間

筋膜痛・口腔顔面痛の症状が出現してから当院を受診されるまでの期間は、「1か月未満」(55名)が最多ですが、長い方では20年におよんでいます。

  病悩期間 人数   病脳期間
  1か月未満 102  
  1か月〜1年未満  93  
  1年〜2年未満 49  
  2年〜10年未満 32  
  10年以上 12  
       
       

治療法

      人数  
    スプリント 179  
    ガムコロコロ法 80  
    抗うつ薬 150  
    漢方薬 34  
    顎関節ストレッチ 7  
    その他 167  

治療法

ページの一番上へ