口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口腔アレルギー症候群の治療法

  • 抗ヒスタミン剤

    食品の摂取によりアレルギー反応が生じると、肥満細胞などに蓄えられているヒスタミンという物質が口やのどの粘膜下組織に拡がります。ヒスタミンの血管拡張作用により、このとき腫れやむくみが生じますが、抗ヒスタミン剤はこれらの症状を抑えるため、口腔アレルギー症候群への効果が期待できます。

    エピネフリン

    アナフィラキシーによる喘鳴や呼吸困難が生じた場合は、ただちにエピネフリンを筋肉注射します。エピネフリンの持つ強力な交感神経刺激作用によって気管支筋が弛緩し、気管支の痙攣を解消することができます。

    皮下免疫療法 subcutaneous immunotherapy (SCIT)

    多種類の花粉の混合抗原を継続的に皮下注射することにより、口腔アレルギー症候群が改善したという報告が幾つかあります。但し、無効であったという報告もあります。

ページの一番上へ